複数の審査を申し込むのは不利になる可能性大!

適当なカードローンに複数申し込んで早かったところを利用すればいいやと、考えてしまう人がたまにいます。一般的な効率論で言えばそれは当たりになるかもしれませんが、カードローンの場合、その方法はハズレになります。それもただのハズレではなく、場合によっては大ハズレになってしまう可能性もあります。

 

カードローンには必ず審査があり、これはどのカードローンに申し込んでも同じです。しかも、金銭関係の情報は信用情報機関が一括して管理しているので、どのカードローンに申し込んでも全てがわかってしまいます。つまり一度に複数の申し込みをしている状態であることもわかってしまうのです。

 

では複数の申し込みをしていると、カードローン会社はどのような判断をするのでしょうか。

 

「いま現在急にお金が必要になっていて、借りられる場所を早急に探している」

 

「いま利用しているカードローン以外でも借りたいと思っている」

 

一つ目のパターンならば、新規の利用者でどこでもいいから審査が通ったところを利用したいと思っている可能性もあるので、それほど警戒されないかもしれません。しかし二つ目のパターンだと、場合によっては多重債務者予備軍になる可能性を疑われることがあります。

 

特にすでにカードローンを限界まで利用していて、複数の審査を申し込んでいるとカードローン側の警戒度が高くなってしまいます。実はカードの申し込み履歴も信用機関にしっかりと記録されていますから、一度に多数の申し込みをしたり、短期間に次々と申し込んだりすると、よほどお金に窮しているのではないかと疑われてしまうことになるのです。

 

もしも、もう一社利用したいと考えているのならば、信用情報に記載されない仮審査を受けてから申し込むことをおすすめします。